消費者金融の審査がどう行われているのか

消費者金融審査に通過するために、審査がどのように行われているのかを知っておくことは大切です。審査を知ることで、通過できる可能性が高まるでしょう。

 

消費者金融の審査は、スコアリングシステムによって行われます。スコアリングは一次審査になりますが、これを通過した方が二次審査に進むという流れです。

 

スコアリングは、年収や勤続年数など申し込み時に記入する内容を点数化していきます。

 

点数が高ければ信用度が高い、高い与信が与えられるということになるでしょう。それによって、借入額(限度額)も大きくなるのです。一次審査が完了した段階で、申し込み内容や借入の意志確認などの連絡が入ることが多くなっています。

 

一次審査は、自動審査と呼ばれる機械的な審査である消費者金融がほとんどです。そのためネット申し込みをすると、入力が完了した段階で一次審査の結果がすぐに確認できるようなところもあるでしょう。ただし、本審査は必ず行われますので、一次審査で出た結果と違ってくる可能性もあります。

 

審査の基準は、消費者金融ごとに違いがあるのです。申し込み者はその違いを知ることはできません。ただし、信用度が低くならないように、転職をしないようにするなど、対応できることもあります。信用度はトータルで判断することになるでしょう。たとえば収入がとても高くても、他にマイナス点があれば審査に通らないこともあるのです。審査に通らない理由が何だったのかということを、消費者金融が申し込み者に教えることはありません。

 

属性について確認しよう

消費者金融の審査で重要なポイントを占める属性とは、どんなものなのでしょうか。属性によって、与信が決定され、審査の可決・否決だけでなく、限度額も決定されるのです。

 

申し込み者の属性は、収入・勤続年数・勤務先・住居の状況(持ち家・賃貸)・既婚か未婚かなど、申し込みフォームに入力した内容によって点数化され決まります。収入が高い、勤続年数が長い、勤務先の規模が大きい、こういった場合は点数が高くなるわけですね。

 

属性の項目は、消費者金融によって違っていることがあります。また重視する点にも差異が見つかることもあるでしょう。年収はどこの消費者金融でも、重視されると考えておいて間違いありません。しかし年齢と勤続年数ならどちらに重点が置かれるか、家賃や住宅ローンなどの負担額にポイントを置くかどうかは、各社共通というわけではないでしょう。ただし、こういった違いは申し込み者が知ることはできないものです。

 

属性は重要な点なのですが、それだけで審査通過にはなりません。ローンなど金融商品全般の利用履歴としての信用情報、これも大変重視されるのです。むしろ、信用情報に金融事故履歴があれば、どんなに属性が素晴らしくても審査には通らないと考えておくべきです。

 

消費者金融が審査で知りたいことは、確実に返済できる能力と意志がある申し込み者なのかどうかということでしょう。総合的な判断になるため、審査に通ると自分で予測していた方が落ちてしまうこともあります。また希望限度額まで借りられないということも起こるのです。

 

他のローンやクレジットカードはどう影響する?

消費者金融の審査では、これまでや現在のローンやクレジットカードの利用はどう影響するのでしょうか?場合によっては、審査否決につながってしまうこともあるのが、ローン履歴です。どのような点に気を付けるとよいのでしょう。

 

延滞履歴はまず否決になる

ローンの種類に関わらず、過去に延滞したという履歴が残っていると、100%審査に通らないと考えておいたほうがよいでしょう。延滞履歴は、5〜7年残るため本人が忘れてしまっていることもあります。

 

総量規制対象ならその額がポイント

年収の3分の1まで借りられるという総量規制は、貸金業者が対象となります。すでに総量規制額まで借りてしまっていれば、当然新たな審査には通ることはありません。罰則は消費者金融側に課せられるため、「返せるから貸して!」と頼んだところで審査には絶対に通らないでしょう。

 

「枠」だけであっても否決の原因になる

カードローンやクレジットカードでは、最初に利用可能な額が決まっています。カードローンなら限度額や利用極度額などと呼ばれていますね。クレジットカードでは買い物などに使えるのがショッピング枠、お金を借りられるのがキャッシング枠となっています。いずれも、その範囲内で回数は特に制限なく利用できるものです。ただし、審査では実際に借りていなくても、借入額と同様に判断されます。特にクレジットカードのキャッシング枠は総量規制の対象です。使っていないようなクレジットカードのキャッシング枠が、消費者金融審査に通らない原因となっていることもありますよ。

 

審査通過のために申し込みで気を付けたいこと

消費者金融審査を通過するために、申し込みで注意しておきたいことがあります。消費者金融の申し込みでは、急いでいるという方がとても多いのではないでしょうか。消費者金融での申し込みは、ネット利用が主流になっています。そのため、単純ミスや記入漏れなどで審査に通らない可能性が起こってしまうのです。

 

店舗などで申込書に記入する、自動契約機で記入したものを読み取らせるといった方法は、その場で確認もとれるため、うっかりミスはあまり気にする必要がありません。しかしネット申し込みは自分で完了させないといけないので、メールや電話番号など連絡先の記入もれなどで、結果連絡さえできなくなってしまうおそれもあるのです。

 

「そんなの、絶対に間違わない!」なんて自信を持っている方もいるでしょう。しかし、どうしてもお金を借りたい時は気持ちもとても焦っています。入力後は確認のページも出てきますが、ササッと見て送信してしまうことも多いはずです。

 

また記入漏れなどでなく、誤記によって信用を失ってしまうことがあります。現在の借入額や収入は、利用できる額だけでなく審査結果に直結するものです。誤記によって審査否決となることもあれば、わざと違う数値を記入したと判断されて信用を失ってしまうこともあります。

 

審査の信用度は、少しのことで下がってしまう可能性があるものです。急いでいても、慎重に入力すること、さらにしっかりと確認するようにしましょう。また、送信後などであっても、自分で間違いに気づいた段階で、訂正の連絡を入れるべきです。