消費者金融の審査に落ちたらどうする?

消費者金融の審査に落ちたらどうするのがよいのでしょう?
どうしても借りたいと、行動したことが逆の結果になってしまいかねません。注意が必要です。

 

消費者金融の審査に落ちたら、まずその申し込みが何社目なのかを確認しましょう。一社だけなら、あと2社までは申し込んでも申し込みブラックにはならないといえます。ただし、一度審査が否決になっているという記録は、次に照会した消費者金融はわかるものです。否決になった理由がどこにあるのかと、審査でチェックされる可能性は否めません。

 

つまり、4社以上の申し込みは避けたほうがよいので、3社目の審査に落ちた場合は申し込みの記録がなくなるまで待つべきです。申し込みの記録は、信用情報機関に6ヵ月残されることになっています。この期間をあけて、再申し込みあるいは別の消費者金融に申し込みをするべきでしょう。

 

ただ、そのまま申し込みをしても否決の理由が残っていれば、同じ結果になってしまいます。なぜ審査に通らなかったのかという点は、考えてから申し込みする必要がありますね。否決の理由は、延滞記録などの金融事故だけではありません。収入の低さや、勤続年数の短さなどいくつかの理由が複合していることもあるでしょう。

 

収入などは低いからといって、簡単にアップできません。既婚か未婚かなども簡単に変化させられるものでもないでしょう。しかし、信用度を高められるように、勤続年数などは転職を控えることである程度対応できますね。消費者金融の審査に通るまでは、信用度が下がらないような行動を意識しましょう。