消費者金融審査に通らなかった時は信用情報を確認

消費者金融の審査に通らなかったとしても、消費者金融からその理由は教えてもらえません。しかし、ある程度理由を予測して再度申し込みしないと、また同じ結果になってしまう可能性があります。審査に落ちた理由を知りたい時には、信用情報機関を利用してみましょう。

 

信用情報機関には、ローンなどの利用履歴が記録されています。正確には利用だけでなく、ローンへの申し込み履歴や延滞の履歴など一切が残っているのです。審査に通らない理由として、第一に延滞履歴が残っていることが挙げられます。延滞の履歴は、5年程残るため少額の返済遅れなどがあると、忘れてしまっていることもあるでしょう。

 

消費者金融審査に通らない時、理由が気になる場合は、信用情報を確認することをおすすめします。また、まれに間違った延滞履歴が残っていることもあるのです。身に覚えのない延滞履歴は、依頼することで消去できる場合もあります。こちらも信用情報機関で確かめてみましょう。

 

信用情報機関の記録に問題がない場合は、その他の理由を推測する必要があります。また、申し込みは多くても3社までにしておくべきでしょう。複数申し込みは、申し込みブラックというお金に困っている状態と判断されてしまうことがあります。さらに、同じ消費者金融に再申し込みする場合は、申し込みの記録がなくなる半年後まで待つ必要があります。

 

消費者金融の審査では、年収などの属性に加えて信用情報が重視されるのです。審査結果を左右することがあるので、信用情報機関の記録を照会することは大切になりますね。