消費者金融での書類準備

消費者金融の審査を受けるためには、必要書類の提出が必須です。求められる適切な書類が提出できない場合は、当然審査を通過することはできません。ただし、消費者金融のローンでは、通常提出書類はとても少なくなっています。

 

まず、必ず誰でも提出しないといけないのが、本人確認書類です。運転免許証や健康保険証、パスポートなどが主なものです。これは準備などには、特段難しさはないでしょうか。消費者金融への申し込みを決めた時に、手元に準備しておくとよいですね。

 

次に収入証明書類です。原則として限度額が50万円以下の方は、収入証明書類の提出はしなくてもよい消費者金融がほとんどでしょう。ただし50万円以下の限度額を希望していても、収入証明書の提出を求められることもあります。すでに貸金業者からの借入があり、今回の希望限度額をプラスすると100万円が利用額となる場合は収入証明書が必要です。もちろんこの限りではなく、消費者金融から提出するようにいわれた場合は、必ず提出しないと借入できません。

 

収入を証明する書類として認められているものは、消費者金融によって違っていることもあります。源泉徴収票、給与明細書(2〜3か月分・賞与明細書の提出も必須)、確定申告書などが収入証明書類となっていることが多いです。ただし、提出前には確認が必要でしょう。

 

最近では写真を撮って送信することで、書類提出が完了する消費者金融も増えています。写真の文字が切れている、はっきりと写っていないなど、問題があれば再提出となってしまいますね。その分の時間がかかってしまうので、急いでいる時には早めに写真を撮って準備しておくことをおすすめします。