消費者金融の審査で嘘は絶対にダメ!!

消費者金融の審査で嘘をつくことは、してしまいやすいのですが、逆に通らない結果に結びつきます。信用度を上げるためにと、嘘をついてしまうことで、信用がなくなってしまうのです。

 

たとえば、収入は高いほうが審査に通りやすいということは予測できます。また消費者金融での借入では、総量規制がありますね。最高で年収の3分の1までが借りられる額となっています。そのため、申し込み時に収入を多めに書いてしまうのです。他には、勤続年数を長めに書くということも多いでしょう。これも、同じ勤務先で継続して働いている期間が長いほど、信用度が高くなることに由来しています。

 

いずれも、嘘というよりは少し多めに、長めにという気持ちがそのように記入させてしまうケースが多いでしょう。しかし、審査で金融機関が確認したいと考えている信用に関して、実際とは違うことを記入していることは逆効果にしかなりません。お金を貸す相手が、正直でないことが分かっていれば、みすみす貸そうとは思いませんよね。金融機関は返済されないリスクを大いに恐れているからです。

 

収入証明書を提出すれば収入はすぐに分かってしまいます。また、提出しなくてもよい限度額で申し込みをしても、勤務先の規模や年齢などから、収入を把握するデータを消費者金融は持っているのです。「ばれなければ嘘をついてもいいだろう。」という発想は、借入から遠ざかってしまうことになるでしょう。

 

日常生活でも信用はコツコツと積み上げるものです。審査では記入内容などで信用を判断しますが、「少しぐらいならいいだろう。」という嘘はすべてを崩してしまうことになりかねません。